NPB、MLBコラム!

2001年以来のプレーオフ進出なるか?マリナーズ

2001年以来のプレーオフ進出なるか?マリナーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 イチローがメジャーデビューを果たした、2001年シーズン。

 

 

 シアトル・マリナーズは、「116勝・46敗」 という、
 メジャーリーグの長い歴史の中でも、最高勝利数・タイ記録の快挙を成し遂げ、
 イチローは、MVPと新人王をダブル受賞した。
 (これも、1975の年レッドソックスのフレッド・リン以来、2回目の快挙だった)

 

 

 あれから13年、シアトルの街・マリナーズファンは、
 ワールドシリーズ優勝も近いと思われた、2001シーズンを最後に、
 低迷を続けるチームの復活を、待ちわびていた。

 

 

 今年、久々にプレーオフ圏内を争う、マリナーズの奇跡は起こるのだろうか。

 

 

 最大の魅力は、リーグ屈指の防御率を誇る、投手陣だ。

 

 

 「キング」 と渾名され、あのイチローも一目置く、
 フェリックス・ヘルナンデスと、

 

 

 日本が誇る精密機械、岩隈久志投手の、先発2本柱を中心に、
 守り勝つ野球をさせたら、天下一品である。

 

 

 打線は、ヤンキースから、ロビンソン・カノを目玉補強したものの、
 相変わらずの、リーグ最低攻撃力となっている。

 

 

 ワイルドカード・プレーオフ争いは、白熱する一方だが、
 安定した先発陣のいるマリナーズは、連敗する心配がないため、
 かなり有利と言える。

 

 

 あとは、打線が奮起し、投手陣を楽にさせてやれば、
 プレーオフ進出の確率はぐんと上がるだろう。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ